自主の会のホームページです。

自主の会

一人ひとりが輝く平和な社会の実現をめざしています

最近の記事

自主の旗 7月号 №234

平和の流れに逆行し朝鮮を敵視し延命をはかる
不正腐敗の安倍政権

日本政府が平和の流れに逆行し、朝鮮にたいする圧力を各国に呼びかけるのは、情勢を対決状態に逆戻りさせ戦争の不安を醸成し、安倍政権の不正腐敗行為をごまかすところに目的があります。

「森友学園」問題で明らかになった安倍政権の腐敗と混迷
疑惑を深める加計学園問題

-不正腐敗の一掃を-

働く人が人間らしく生きるための権利を奪う
「働き方改革」関連法案
貿易戦争を仕掛け孤立を深める米国
-沖縄の活動紹介-
基地に反対する県民とともに
「謝ったら死ぬ病」政界・スポーツ界に蔓延
文化を通して友好を深める

-絵画を毎年出展する神奈川の田辺三知子さん-

反帝・自主・平和・連帯のためのシンポジウム

 2月11日、「反帝・自主・平和・連帯のためのシンポジウム」が沖縄県那覇市で開催されました。シンポジウムは21世紀自主フォーラムと金正恩著作研究会の共催によって開催され、会場となった沖縄県立博物館・美術館講座室には、地元の沖縄県議をはじめ各界各層の人士が集まり、また全国からも多くの参加者がありました。…続きを読む

人間としての尊厳をもち 毅然と生き たたかってきた姿に学ぶ

 群馬自主の会では、毎年数回草津にある国立ハンセン病療養所、栗生楽泉園を訪問し自治会長の藤田三四郎さんと交流しています。
 藤田会長とは20年来のお付き合いがあります。会長の自宅で食事をごちそうになるなど、家族ぐるみのおつきあいです。
 新薬の治療により、完治したにもかかわらず隔離された生活をおくるなかでも、人間としての尊厳をもち、毅然と生きたたかってきた姿に接し、多くのことを学ぶことができます。
 今回の7月9日の訪問では、群馬自主の会、退職女性教職員の会、知的障害者の放課後等デイサービス事業所などから13名が参加し、交流を深めています。…続きを読む

出版物

自主の道

創 刊:1981.5.5
編 集:自主の道編集部
発行所:自主の会
定 価:600円

詳細を確認する