反帝・自主・平和・連帯のためのシンポジウム

熱心に報告を聞く参加者

 2月11日、「反帝・自主・平和・連帯のためのシンポジウム」が沖縄県那覇市で開催されました。シンポジウムは21世紀自主フォーラムと金正恩著作研究会の共催によって開催され、会場となった沖縄県立博物館・美術館講座室には、地元の沖縄県議をはじめ各界各層の人士が集まり、また全国からも多くの参加者がありました。
 シンポジウムでは、平良研一沖縄大学名誉教授、アーティストの喜納昌吉氏、名護市議会議員の仲村善幸氏、21世紀自主フォーラム世話人の尾上健一氏の4名から報告があり、参加者も含めて活発な意見交換がなされました。
 平良研一氏は、「朝鮮半島情勢にみる現代帝国主義の特徴」と題して報告しました。
 第二次世界大戦後の米軍政府による沖縄統治の歴史を振り返りながら、帝国主義の本性は変わらないと述べ、現代帝国主義は従属国を従えて、あらゆる偽装をして世界支配を強めている。一方、朝鮮は世界のなかで唯一の社会主義国として米帝国主義とたたかっていると報告しました。
 喜納昌吉氏は、「南北分断を越えて」と題して報告しました。朝鮮の統一は資本主義が勝つか共産主義が勝つかという視点で見てはならない、核廃絶に向けて沖縄から平和のための新たなテーブルを提起していく、沖縄の運動を進めていく上で、世界の平和という視点をもっていくことが重要だと報告しました。
 仲村善幸氏は、「名護市長選挙の結果にみる今後の課題」と題して報告しました。
 名護市長選挙はかつてない国の介入のもとでおこなわれた選挙ではあったが、敗北の原因を外に見出すのでなく、自身のなかから見出して乗り越えていくことが重要である、運動の原点に立ち返り、地方自治を守るたたかい、民主主義を守るたたかいとして、辺野古に基地をつくらせないための運動を進めていくと報告しました。
 尾上健一氏は、「沖縄、アジアの恒久平和を実現するのは自主の道」と題して報告をおこないました。
 現在日本は対米従属国家として固定化されてきている。また、日本では、かつてはたたかいを進めていけば将来社会主義が実現するという希望があったが現在はそれが失われている。社会主義のイメージはソ連東欧社会主義の崩壊で傷ついてしまった、本当の意味で社会主義を建設しているのは朝鮮をおいてほかにはない、沖縄の運動を進めていく上で朝鮮に学ぶことは多いと報告しました。
 報告の後、意見交換がなされました。子や孫のために戦争につながる基地は絶対につくらせないと、辺野古で基地反対の運動をおこなっていることを紹介したり、今後は若い人に影響を与えて運動に参加できるようにしていくことが重要であるなどの意見がだされました。

自主の旗 №232より抜粋

 シンポジウムの内容は以下の出版物で紹介しています。

自主の道124号

2018年3月20日発行

自主の旗 №232

2018年3月号